老人ホームには大きく分けて4つの種類があるので、これから入居しようと思っている方は、自分に合っているものはどれかをよく考えてから決める必要があります。

老人ホームの4つの種類とは、介護付き一般型、介護付き外部サービス利用型、住宅型、健康型ですが、それぞれ特色が違うので調べておくようにしましょう。介護付き一般型は、スタッフによる食事や介護のサービスを受けられるホームのことです。

知って大満足のYoutube情報が満載です。

体が不自由になると、自分で食事や入浴、排せつなどが出来なくなりますが、きちんと介護をしてもらえるので、安心して暮らせます。

介護付き外部サービス利用型は、食事や生活の手助けについてはスタッフが行ってくれるのですが、介護には対応していないので、それが必要になった場合は、委託先の会社に介護サービスを任せる形になります。


住宅型は、生活の支援が必要な人が入居するもので、介護に関するサービスはありませんが、介護が必要になった場合は、訪問介護サービスを利用すれば、住宅型の老人ホームで続けて生活することも出来ます。



健康型は、介護の必要がなく、自立して生活できる健康な高齢者が入居できるホームのことで、食事などのサービスが提供されるので、食事を作りたくない人や、ひとり暮らしが不安な方が利用しています。
介護サービスはないので、介護が必要になった場合は出ていかなければなりません。老人ホームにはこのようにいくつかの種類があり、それぞれ特色が違うので、まずは資料請求を行い、複数を比較してから決めるようにしましょう。

エコカラットを神奈川でにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。