近年、様々な種類の老人ホームが増加していますが、それらに入所するメリットとしてどのようなことがあるでしょうか。

まず一つ目は24時間体制で常駐するスタッフから食事、排せつ、入浴をはじめ、様々な介護サービスを受けることができることです。

近年、高齢者の介護施設は種類が増え、サービス内容も多様化しています。



例えばサービス付き高齢者住宅がありますが、これは原則賃貸住宅でここにいうサービスとは見守りサービスのことを意味し、介護サービスのことではないので、介護サービスを必要とする場合は外部の事業所のサービスを使用する必要があるため介護スタッフが常駐していないという点で不安がありますが、老人ホームの場合はスタッフが24時間体制でシフトを組み、常駐しているので安心できます。



二つ目は専門的な介護サービスを受けることができる点です。老人ホームで働くスタッフの多くは介護職員初任者研修以上の資格を持っている人が多く、もし持たずに就職したとしても、ホームが資格取得を支援するところが多いです。



そのため介護技術について知識やスキルを持った職員に介護してもらうことができるので入所者にかかる負担も少ないです。

また施設内はバリアフリー化がなされているだけでなく、特殊浴槽など様々な介護器具がそろっています。


これは個人の自宅ではなかなかそろえることができないもので、これらを使用することで利用者が負担なく快適な介護を受けることができます。