有料老人ホームとは、主に民間の企業によって運営される施設で生活サービスを提供する物です。
大きく分類すると3つのタイプに分かれます。


まず、介護付きと呼ばれるものは文字通り要介護の老人を受け入れる事が出来る施設で、その中でも施設内のスタッフが介護にあたるタイプと、介護の部分だけは外部に委託して行うタイプのものがあります。

特徴としては受け入れる要介護度の幅が広く、さまざまな状況で入居者を受け入れていると言う点でしょう。



医療施設もあり、重度の介護度の方でも対応してくれる点は大きなメリットです。
一方で、施設によってかかる費用も大きく変わってきますし、介護を外部委託しているタイプのホームでは介護を受ける部分での費用が割高になる点は入所前に確認しておく事が必要です。

次に住宅型有料老人ホームと呼ばれているものは、介護付きホームよりも介護の必要性が低い方を対象にした施設です。
要支援状態の方も入居できますし、その後で介護が必要になったときは訪問介護サービスなどを利用してそのまま入居を続ける事も出来ます。



但し、重度の介護が必要になったときは退去しなければならない事もあります。

軽度の段階では介護付きホームよりは料金が安いことがメリットです。

健康型有料老人ホームは、自立、要支援の段階の方が入居できます。



受けられるサービスは日常の家事などで、生活を楽しむ為のレクリエーション施設が充実していますが、介護が必要になった段階では退去しなければならず、入居にかかる一時金も高い事から、実際のニーズは非常に低いものであると言えます。

このように入居を希望する方の要介護度から必要とするサービスを考えて、有料老人ホームを選ぶ必要があるのです。